BOOZE展@アジギャラリー

2021-02-22

2019年8月にアジギャラリーで開催された10名による学生有志展「レモンサワー展」が、新たなメンバーを迎え帰ってきました!その名も「BOOZE展」。boozeとはお酒のことで、同じお酒という意味のalcoholよりもフランクな会話で使われることの多い単語だそうです。耳慣れない単語で最初はピンとこなかったのですが、レモンサワーとはお酒つながりだったんですね〜、なるほど。
ということで「酔い(ほろ酔い/酔い/夢ごこち)」をテーマにしたBOOZE展をほんの少しご紹介させていただきます。

おなじみ神田・アジギャラリー。おなじみの看板が目印です。

前回の「レモンサワー展」が開催されたのは約1年半前。当時は世の中がこんな状況になると誰に予想ができたでしょうか。そうしたなかで展示を企画・準備するのは多くのご苦労があったと思います。作品の発表の場にふたたびアジギャラリーを選んでいただいたのはありがたいことですし、無事開催の運びとなったのも喜ばしいことです。メンバーは現役の美大生やOBの方で、卒業しお仕事をされている方、3年生で就職活動が始まった方…と様々だそうですが、大変な世の中、共にがんばって乗り切っていきましょうね!

作品で個人的に好きだったのはこちら。実際につまんで楽しむ「おつまみ」。
つまみ心地がどれもなんともいえないクセになる感触なので、みなさんにも実際に会場でつまんでみてほしいです。

物販でこんなものもありましたよ。「何に見えるかはその人の感性にお任せ」的なかつ謎の形のぬいぐるみ(の山)。

「これで靴磨けそうじゃん」とは隣で見ていた弊社代表の感想。たしかにどれもこれも靴磨けそう…(笑)

なにか具体的なモチーフがあるわけではないのに、なんでしょう、眺めているだけで不思議と湧いてくるこの愛おしさ。

で、結局ひとつ買ってしまいました。
触り心地がよくて仕事の合間についつい握ってしまいます。ストレス解消に良さそう。この得体の知れなさ感満載の見た目も気に入っております。

今回の「酔い」というテーマ、自分だったらどんなモチーフの作品にするだろう…と想像しながら見るのも楽しいかもしれません(私はふとピンクの象が思い浮かびました。)
展示は明後日水曜日まで開催中です。諸般の事情により今回は飲み物のご提供はありませんが、個性と若々しい才能があふれるメンバー達の作品に文字通り酔いしれてみてはいかがでしょうか。感染対策も十分でお迎えしていますので、お時間が許す方はぜひアジギャラリーにお立ち寄りください。